キリング

アメリカを震撼させた注目のサスペンスドラマ。シアトルに住む17歳の美少女”ロージー“が失踪、次期シアトル市長候補のキャンペーンカーの中から遺体で発見される。第一容疑者は市長候補か・・・? だが、これは単純な殺人事件ではなかった。捜査が進むにつれ不気味に浮かび上がってくる複雑な人間関係。ロージーの友人、教師、家族、隣人、地元政治家、そして担当刑事までもが容疑者となる。


シーズン1の1と2まで見ました。つまり4エピソード分。う~~~ん。
正直に言いますと、期待以下でした。

デンマークで大ヒットしたドラマをアメリカでリメイクしたもので、
アメリカでも大人気というのを聞いて期待が大きすぎたのかもしれませんが。

ネットで他の方のレビューなどを読んでいて、面白い!と書いている人も何人かいました。

が、とある方が「1話完結ものが好きなのでストーリー展開のテンポが遅い」と
書いていました。わたしも同じ感想です…。

他のテンポの速い刑事モノと比べて、被害者の家族の心理描写などが
丁寧に描かれているポイントが、いいのかもしれませんが、
これが好みが別れるところかもしれません。

でも、丁寧な描写なだけに、ものすごくリアリティがあり、
ドキュメンタリーを観ているような気持ちにもなります。

今、TUTAYAにはシーズン1のDVD6本が「新作」として出ていますが、
シーズン1を全部見ても犯人わからないそうですぅぅぅ~。
ちょっとフラストレーション感じるかも…(・_・;) 。

IMDb>>The Killing