SFメトロカード払い戻しの期限は2018年1月31日

“捨てる技術”
っていう本を見たときに、

「捨てる」っだけで
1冊も本書けるの??
と思ったものですが、

断捨離ブームになり、実際自分も断捨離を意識すると「捨てるのって難しい」と気づきました。
一気に持ってるもの全部は捨てられないし、ちょっとづつ、ちょっとづつ捨てていく感覚、というか(;’∀’)

とにかく、ちょこっとづつ空いてる時間を見つけては断捨離にいそしんでるわけですが、
そんななかで見つけたのが「SFメトロカード」

その昔、「フラバー」っていう映画の試写会を観に行ったときにもらった500円分のカードなのですが、当時「もったいなくて使えない」と思っていたら、あれよあれよと、時代はパスモとかスイカの時代になり「あれ??SFメトロカードって使えるのかな??」とネット検索してみました(-_-;)

SFメトロカード払い戻し
お手持ちの「メトロカード」「NSメトロカード」「SFメトロカード(パスネット含む)」で残額のあるものについては、東京メトロ各駅(日比谷線北千住、中目黒、中野、西船橋、代々木上原、和光市、半蔵門線・副都心線渋谷、目黒の各駅は除きます。)において引き続き無手数料で払い戻しいたします。なお、払い戻しについては、2018年1月31日(水)をもってお取り扱いを終了いたします。

そしたら、やはり?!現在(2017年)は使えなくなっており、しかも、払い戻しの期限は2018年の1月末まで、ということを知りました。

もちろん、まだ半年以上の猶予はありますが、また放置してしまったら忘れてしまう、と慌ててすぐに駅に行ったとき換金してもらいました。
新宿の丸の内線の事務所のようなところに行ってカードを出すと現金500円と換金してくれましたよ(#^.^#)

思えば何年も放置していたこと、なのですが、期日前に気づいてよかった。

こんな時も断捨離の「今」に焦点を当てて「今」要らないものは捨てよう!という教えが身にしみます。
もったいないからってとっておいても時代ってホントにくるくる変わりますよね。

同じことテレフォンカードにも言えますが……。

実は、まだまだ持ってるテレフォンカードが何枚かあって、電話をかけることがあると公衆電話を探してテレフォンカードでかけること今でもやってます(;’∀’)