「アナと雪の女王」をようやく見ました

日本では2014年3月、
アメリカでは2013年11月に公開されて、
アニメーション映画としては
全世界歴代1位の興行収入になっているという
大ヒット映画。

w500h375_02
公式サイト>>アナと雪の女王

劇場には見に行かなかったのですが、
日本でも大ブームなので、有名な歌「レット・イット・ゴー」とか、
アナがプロポーズを受ける歌だけは動画で見て知ってました。

だけど、本編をキチンと観るのは、はじめて。
友人宅で、友人がDVDを買ったので見せてもらったのです(笑)

大ヒット映画なだけにおもしろかったです。
アニメ映画を見たのも久しぶりだったんですが。

ブルーレイでの映像もキレイで、
劇場に3Dを観に行っても感動したかもなぁ~と思いました。

映像もキレイだけどストーリーもよかった。意外な「オチ」でした。

雪の女王であるエルサの苦悩って…
物語の中では「自分ではコントロールを持っている苦悩」だけど、
現実の世界でも「コンプレックスを持っていてひきこもりがちになってしまう」
という感じの苦悩として置き換えることもできるように思いました。

アナの無邪気な明るさのキャラクターもいいですよね。
あ、もちろん、雪だるまの「オラフ」のキャラクターも好感持てます。

さすが、人気がある映画は面白い。
グッズもすごいことなってますしね。

2015年のおせちで「アナ雪おせち」も予約販売してるとか。

来年2015年はディズニーランドで「アナ雪スペシャルバージョンになる」とか。
「アナ雪」の人気は、まだまだ当分続きそうですよね~。
わたしも友人から借りたサントラックCDを何度も繰り返して聞いて
「アナ雪」世界にうっとりと浸ってます。