秋田いぶりたけのこ | おとりよせ王子で紹介!

金農旋風もあって
秋田県への想いを
募らせているこの頃。


新宿のとあるビジネスビルで1日限りの秋田物産展を開催していて秋田犬のぬいぐるみを購入した記事を書きましたがその時同時に購入したのが「いぶりたけのこ」(と、納豆せんべい)

このいぶりたけのこは、前に書いた「おとりよせ王子」の4巻の中で紹介されてる商品なんですよ!(^^)!

>>マルイシ食品 炭火焼きいぶりたけのこハーフ 比内地鶏スープ仕上げ

秋田県の商品なのでマンガを読んでいるときも気になっていたのです。800円とわりとお高めではありましたが…

比内鶏スープで煮込んでるとかこだわりもあるタケノコだし、おとりよせ王子も美味しそうに食べていたので食べてみたくなって購入です。漫画で紹介されてた食べ方を参考に一口大にカットして日本酒を飲みつつおつまみとして食べたらめちゃくちゃ合うし美味しかったです。

さすが秋田県の商品!秋田県はいぶりがっこが有名なのは言うまでもないですが「いぶりたけのこ」とは。

ちなみに納豆せんべいは「納豆感」がかなり強くて、納豆が焼いてある感じはするのですが1個食べただけでも口の中が納豆を食べたときのようなネバネバ感がありました。う~ん……こちらは納豆が強すぎて微妙かも(;’∀’)

しかもなんで秋田が「納豆」なんだろう……茨城じゃないの?とツッコミする気持ちもありました。