「武蔵野アブラ学会」東京ソウルフードの油そば

新宿ランチパスポートで
「武蔵野アブラ学会」
油そばって食べてきました。

油そばって
東京のソウルフード
なんだそうですが、
今回はじめて食べました。

aburakai

油そばは約50年前に武蔵野地方で生まれた伝統的な東京のソウルフーズです。学生時代を武蔵野で過ごした創業者二人が、都心の油そばに満足せず、独自の手法で開発した油そば専門店です。1号店の早稲田店は、今や学生人気早稲田高田馬場界隈第二位。連日ランチ時は50人近い行列となっております。代々木店は、まだ歴史は浅いですが、本店よりもゆったりとした環境で落ち着いて食べていただける環境です。
麺は、三河屋製麺に特注した極太麺です。強い歯ごたえが、ほかの油そばとは一線を画す存在感です。タレは、モンドセレクション金賞受賞!!!京都、川越、兵庫の老舗醤油をブレンドして使用。毎日、大量の野菜、豚骨、乾物で煮込み、他にはない独自製法で煮込んだタレです。シンプルながら飽きの来ない味で、毎日来店されるお客さんが多数いらっしゃいます。ラー油は、油そばに合わせた唐辛子の配合した自家製ラー油。

食べログ >>武蔵野アブラ学会(代々木店)

>>武蔵野アブラ学会

20150611_003

しかも油そばってラーメンのカロリーの3分の1と、
ヘルシーなんだそうです。

「油そば」ってネーミングからすると
こってりしていてカロリー高そうですけどね。

ラーメン屋さんって実はさすがにそんなに行かないです……
女性には牛丼屋さんと同じくらいの入りにくさがあるし、好きなんですが、
そこまで無理して気まづい思いを押し切ってでも
お店の中に入って食べたいか、っていうとせ、そうでもない、
と思ってしまって。

でも、ランパスに書いてある紹介文とか
他のメディアでも紹介されてることに
好奇心を感じて行ってみたいと思ったのが
麺や 庄の ゴツボ」「御苑 独歩
そして、こちらの「武蔵野アブラ学会」なのです。

ラーメン激戦王国、日本。
さらにその中でもラーメン激戦都市の「東京」(ラーメン以外も激戦だけど)
の中にあって、
人気と評判の高い店ってやっぱり気になります!

しかも、こちらのお店のソースって
モンドセレクション金賞も受賞したソースっていうので、
行ってみたいと思ったのです。

代々木エリアにあたるこのお店ですが、
新宿南口のサザンテラスの端まで行けば1分ほど、と、
代々木駅からより、新宿駅からのほうが近いかな、という位置にあります。

ランパスでは、得のせアブラそば(温玉・岩のり・魚粉・すりごま・スープ)
通常830円→500円で頂けます。

しかも大盛りも無料(普通盛りで頂きましたが)。
さらに希望すればライスもつけてくれるそうですが、
ライスも断ります。

基本的に学生さんが多い場所だし、
そんなサービスもあるんでしょうね……。

20150611_002

スープがセルフサービスで頂けます。
さっぱりしていて美味しいスープでした。

20150611_001

さらに、はじめて食べた「油そば」。すごく美味しいです。
ラーメンより好きかもしれないです。

麺が太いからうどんみたいだけど、
ラーメンだからうどんより弾力のある麺という感じでしょうか。
スープがないラーメンなので、なんか「焼きうどん」みたいな感じもするけど、
確かにわりとさっぱりしていて美味しいのです。

けっこうハマってしまうかも。また食べたいです。