96時間

大ヒット映画ですよね。
続編的な「96時間/リベンジ」ってのも発売されたし。

「96時間/レクイエム」と
3作めが2015年1月9日から日本でも公開だそうです。

『96時間』(原題: Taken)は、2008年制作のフランス映画。脚本はリュック・ベッソンとロバート・マーク・ケイメン、監督はピエール・モレル。リュック・ベッソンのヨーロッパ・コープ製作。2012年に続編『96時間/リベンジ』が制作された。

>>IMDb Taken

2014Nov10_-17

でも1作めとなる「96時間」もう一度見ました。

これって、もはや

「もしも24のジャック・バウアーを
リーアム・ニンソンが演じたら」

みたいな

24ファンなら
絶対おもしろいって思える映画ですよね。

おじさんの憧れ?なんてキャッチコピーもついてるけど。

ハラハラ、ドキドキ、でも頼りがいのある
カッコイイお父さんが大活躍する映画で最後まで楽しめます。

それにしても、女の子だけの海外旅行って
こんなに危険だったりするんでしょうかね…。

半分、ホント、なのかな……とも思えるくらい、
娘さんが巻き込まれた事件は怖い。